Node-REDで機械学習 その2

17th October 2021 at 8:44pm

Node-REDで機械学習を行ってみます。

前回は「Microsoft Lobe」でモデルを作成する手順を説明しましたので、今回はNode-REDからモデルを利用する手順を説明します。

Node-REDからモデルを利用する手順

「node-red-contrib-image-output」と「node-red-node-base64」を使います。まだ追加していない場合は、以下のように「パレットの管理」を開いて追加してください。

以下のようにノードを配置します。

①「inject」ノード
処理を実行するためのボタンとして使います。
②「file in」ノード
ファイルの内容を読み込みます。出力形式は、「バイナリバッファ」です。★★★の部分にファイルのフルパスを記入してください。
③「base64」ノード
バッファーをbase64形式に変換します。
④ 「image」ノード
バイナリバッファ形式かbase64形式の画像を表示することができます。
⑤「template」ノード
リクエストボディを作成します。ポイントは{{{payload}}}の部分と、構文と出力形式を「JSON」にすることです。
⑥「http request」ノード
URL欄に、前回コピーしたURLをペーストします。
⑦「debug」ノード
結果を表示します。

実行した結果の例は以下の通りです。Node-REDは入出力を自在に変更できますので、いろいろな使い道がありそうです。

書き出したノード

以下は上記のノードを書き出したものです。コピーしてください。

[
    {
        "id": "30727d20eb9731bc",
        "type": "inject",
        "z": "bbc7170261bafbe4",
        "name": "実行",
        "props": [
            {
                "p": "payload"
            },
            {
                "p": "topic",
                "vt": "str"
            }
        ],
        "repeat": "",
        "crontab": "",
        "once": false,
        "onceDelay": 0.1,
        "topic": "",
        "payloadType": "date",
        "x": 150,
        "y": 60,
        "wires": [
            [
                "a1073781125e5843"
            ]
        ]
    },
    {
        "id": "a1073781125e5843",
        "type": "file in",
        "z": "bbc7170261bafbe4",
        "name": "",
        "filename": "c:/tmp/019.png",
        "format": "",
        "chunk": false,
        "sendError": false,
        "encoding": "none",
        "allProps": false,
        "x": 320,
        "y": 60,
        "wires": [
            [
                "d175111c0641da56"
            ]
        ]
    },
    {
        "id": "c5abd02ee5bbc6d3",
        "type": "image",
        "z": "bbc7170261bafbe4",
        "name": "",
        "width": 160,
        "data": "payload",
        "dataType": "msg",
        "thumbnail": false,
        "active": true,
        "pass": false,
        "outputs": 0,
        "x": 480,
        "y": 180,
        "wires": []
    },
    {
        "id": "92715ce9fe92b35f",
        "type": "http request",
        "z": "bbc7170261bafbe4",
        "name": "",
        "method": "POST",
        "ret": "obj",
        "paytoqs": "ignore",
        "url": "http://localhost:38101/v1/predict/4fb17929-da02-4232-a3d5-1e0023eaa27a",
        "tls": "",
        "persist": false,
        "proxy": "",
        "authType": "",
        "x": 610,
        "y": 120,
        "wires": [
            [
                "c1f308c52b7531a4"
            ]
        ]
    },
    {
        "id": "d175111c0641da56",
        "type": "base64",
        "z": "bbc7170261bafbe4",
        "name": "",
        "action": "",
        "property": "payload",
        "x": 300,
        "y": 120,
        "wires": [
            [
                "dcf8048a38dee8a2",
                "c5abd02ee5bbc6d3"
            ]
        ]
    },
    {
        "id": "c1f308c52b7531a4",
        "type": "debug",
        "z": "bbc7170261bafbe4",
        "name": "",
        "active": true,
        "tosidebar": true,
        "console": false,
        "tostatus": false,
        "complete": "payload",
        "targetType": "msg",
        "statusVal": "",
        "statusType": "auto",
        "x": 790,
        "y": 120,
        "wires": []
    },
    {
        "id": "dcf8048a38dee8a2",
        "type": "template",
        "z": "bbc7170261bafbe4",
        "name": "body",
        "field": "payload",
        "fieldType": "msg",
        "format": "json",
        "syntax": "mustache",
        "template": "{\n    \"image\": \"{{{payload}}}\"\n}",
        "output": "json",
        "x": 450,
        "y": 120,
        "wires": [
            [
                "92715ce9fe92b35f"
            ]
        ]
    }
]

以下のようにして読み込みを実行し、ペーストしてください。


HomeへNode-REDの記事Topへ

★★★responsive_ja★★★