Node-REDのインストール方法

17th October 2021 at 8:44pm

Node-REDのインストール手順は以下の通りです。

  1. Node.jsのインストール
  2. Node-REDのインストール
  3. Node-REDのパッケージのインストール

公式サイトのインストールの説明は、こちらです。

このサイトでは、Windows10 64ビットを使って説明します。

Node.jsのインストール

Node-REDは2021年7月において、12.17以降が必要で、14.xが推奨です。こちらの動画の35sあたりで言ってます。

推奨されたバージョンのNode.jsの場合、そのバージョンのNode-REDおよびNode-RED用パッケージが用意されていますのでスムーズに環境構築ができます。しかし、サポートレベルのバージョンの場合は、ローカルPCでリビルドが必要になる場合があります。(環境によっては、エラーが発生する場合があります。)

以下、Node 14.xのインストールの例を述べます。

まず、こちらからインストーラ(msi)をダウンロードします。

バージョン14系推奨版のファイルをダウンロードし、実行してください。

他のツールは入れなくても構いません。

環境変数NODE_PATHC:\Users\[YOUR ACCOUNT]\AppData\Roaming\npm\node_modulesで作成し、環境変数パスに%NODE_PATH%を追加してください。(結構、重要ポイントです)

ちなみに、インストールを失敗したり、古いバージョンのものをアンインストールした場合、以下のフォルダを削除してから再実行すると良いかもしれません。

  • C:\Program Files\nodejs
  • C:\users\[YOUR ACCOUNT]\.node_repl_history
  • C:\users\[YOUR ACCOUNT]\.npmrc
  • C:\users\[YOUR ACCOUNT]\AppData\Roaming\npm
  • C:\users\[YOUR ACCOUNT]\AppData\Roaming\npm-cache
  • C:\users\[YOUR ACCOUNT]\.node-red
  • C:\users\[YOUR ACCOUNT]\.windows-build-tools

Node-REDのインストール

DOSプロンプトを起動し、以下を実行します。

npm install -g --unsafe-perm node-red

Node-REDのパッケージのインストール

Node-RED上でもできますが、DOSプロンプト上で行えば、複数のパッケージをまとめてインストールすることができます。

DOSプロンプトを起動し、以下を実行します。

npm install -g パッケージ名1 パケージ名2 パッケージ名3

私がよくお世話になるパッケージは以下です。

node-red-contrib-csvtojson
CSVをJSONにパースするノード
node-red-contrib-fs-ops
基本的なファイルシステム操作を実行するためのノード
node-red-contrib-image-output
画像をプレビューするためのノード
node-red-contrib-watchdirectory
フォルダーを監視するためのノード
node-red-dashboard
Node-REDにダッシュボードを追加する
node-red-node-base64
BASE64形式にエンコード/デコードするためのノード
node-red-node-serialport
シリアルポート通信するためのノード

バージョン2.0以降の場合は以下も入れておくと便利です。

node-red-debugger
ブレークポイントを設定することができます
nrlint
・潜在的な問題を特定するためのリンティングツール
npm install ~後に、npx nrlint --init > .nrlintrc.jsが必要です


HomeへNode-REDの記事Topへ