8bit画像について

17th October 2021 at 8:44pm

8bit画像について

デジタル画像について初心者の時、"8bit画像"と"グレイスケール画像"は同じであると思っていました。

しかし、違うのです。

そもそも"8bit画像"には、"8bitカラー画像"も存在しています。
では、"8bitグレイスケール画像"と"8bitカラー画像"の違いは何でしょう?

"8bit画像"のデータ部分は、カラーパレットの番号となっています。(※1)
そのカラーパレットの特殊なタイプが、"8bitグレイスケール画像"となります。
以下に図を用いて説明します。

8bitグレイスケールのカラーパレットは、
カラーパレットの0番目:(A,R,G,B) = (255,0,0,0)
カラーパレットの1番目:(A,R,G,B) = (255,1,1,1)
カラーパレットの2番目:(A,R,G,B) = (255,2,2,2)
~
カラーパレットの255番目:(A,R,G,B) = (255,255,255,255)

繰り返しますが、カラーパレットの特殊なタイプが"8bitグレイスケール画像"なのです。
(たまたま?)カラーパレット番号と輝度値が一致しているので、"8bitグレイスケール画像"ではデータ部分を輝度値とみなして良いのです。

※1
ちなみに、24bitカラー画像については、データ部分にRGBの輝度値が入ります。


HomeへImageJの記事Topへ